生活用品や、DIY工具を作っています。

diymemo

生活雑貨 自作

【簡単DIY】木製コースターの作り方

投稿日:

紙コースターを入手しました。使っていくと水分を吸って紙が反ってきます。

大事に使いたいので木枠で囲うことにしました。

材料は本体が杉材で底板は樺材です。

製作しているところを動画にまとめました。

木製コースターの主な材料

  • 杉材:15mm (本体)
  • 樺材:5mm(底板)
  • アクリル板:5mm
  • 木工用みつろうクリーム

製作に必要な道具

木製コースターの製作

1.部材製作及び組立加工

本体となる部品を切り出します。材料は15mmの杉材です。

15mmは厚すぎるので自動カンナで12mmまで薄くしました。

材料加工時によく写真のラベルシールを使っています。キレイにはがせるタイプで大変使いやすいです。

トリマーの6mmのビット用に穴を加工します。

トリマー付属のガイドを装着して加工してみました。

今回初めて使ったのですが、なかなか使いやすかったです。

 

トリマー加工後、裏からもう一度印刷したラベルシールを貼ります。

ジグソーテーブルで加工する為に事前に穴を四隅に加工します。

ジグソーテーブルで内側をくり抜きます。

カット後内側の切断面は入念に研磨します。

丸のこテーブルで不要な部分をカットします。

四隅はディスクサンダーでR加工し、側面をベルトサンダーで研磨します。

底板に本体を重ねて墨線を付けて不要な部分をカットします。

底板にビス止め用の穴を加工します。

再度本体に重ねてビットで穴の中心位置の印を付けます。

印を付けた箇所に下穴を加工して、M4用鬼目ナットを取り付けます。

底板は皿ネジ用にザグリ加工して、一旦本体にビス止めします。

底板に本体側のR部分を写し取ってから、ディスクサンダーでR加工します。

本体側の上面はトリマーテーブルでR加工し、側面をベルトサンダーで研磨します。

塗装は今回、木工用みつろうクリームを使ってみました。アマゾンで評価が高かったので購入してみました。

 

5mmのアクリル板でカバーを作ります。四隅はディスクサンダーでR加工します。

本体にアクリル板を入れた後、紙コースターを入れます。

最後に底板をビスで固定すれば完成です。

最初ビスは4箇所止めの予定でしたが、側面に隙間が生じたので2箇所追加しました。

2.完成後の感想

今回中に入れた紙コースターの大きさは90mm×90mmです。

この大きさで作られている物が結構多いようですので、中身を入れ替える事が出来そうです。

ただコースター本来の水分を取るという機能は残念ながらありません。

紙コースターは丸型の物もあるので、今後また作ってみたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

-生活雑貨, 自作

Copyright© diymemo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.