生活用品や、DIY工具を作っています。

diymemo

工具 自作

トリマー450W(EWT-450N)を使ったトリマーテーブルの紹介

作成途中の写真がないので簡単な紹介となります。

DIYを始めた頃(3年前)に作った物です。

少しでも参考になればと思います。

トリマーを装着するために上からテーブルを箱組みに

はめ込む造りにしました。

テーブルの大きさは35cm×35cmです。

この様に簡単に外れます。

テーブルインサートはアルミ板の1.5mm厚を使いました。

左側の溝は冶具のレールです。冶具が直線に動くようにしています。

裏側はこんな感じです。

アルミ製のテーブルインサートにトリマーのベースプレートが

取り付いています。

上下のアルミバーは平行定規の固定ボルトの傷防止です。

これはアリ継ぎ用の冶具です。

6mm幅刃専用です。

冶具に付いているφ6mmの丸棒を加工した溝に入れて溝を加工し、

新しく出来た溝にまた丸棒を入れて加工。

その繰り返し作業で互い違いに溝加工していきます。

裏側はこの様にレールに収まる細い15mm幅の

薄板を加工して付けています。

精度良く直角に付けるのが重要です。

これはトリマーテーブル用の平行定規です。

集じん機(掃除機)に付けられるように塩ビ管を付けました。

ボルトでテーブルに固定します。

スイッチボックスは樹脂製の物を購入しました。

スイッチはトグルスイッチを使用しています。

一旦トリマーのコンセントを左側側面のソケットに差し込んで使っています。

こちらのスイッチで作業する為、中のトリマーの電源は入れたままになります。

このトリマーテーブルは大きい材料には使いにくいです。

直接トリマーで加工すべきだと思います。

その反面、固定するのが困難な小物は使いやすいです。

-工具, 自作

Copyright© diymemo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.