治具 自作

センターマーカー治具を自作しました。

センターマーカー治具を自作しました。材料の中心に墨入れする時に使います。

製作しているところを動画にまとめました。

センターマーカー治具の主な材料

  • ヒノキ材:15mm厚
  • 丸棒:φ8mm

  • 鉛筆:4B(セリア製)

センターマーカー治具の作り方

丸ノコテーブルでヒノキ材を切り出します。

2枚の材料を重ねて接着します。

クランプで固定して強固に接着します。

底面になる箇所をベルトサンダーで研磨します。

外形図を印刷したラベルシールを貼ります。形に合わせて切り出して行きます。

鉛筆と丸棒を取り付ける穴の位置を決めます。

中心が鉛筆を取り付ける穴で、左右の穴が丸棒を取り付ける穴になります。

中心は7mm、左右の穴は8mmで加工しました。

ジグソーテーブルで凸型形状に切り出します。

ベルトサンダーで表面を研磨します。

トリマーテーブルで周辺をR加工します。

8mmの丸棒を左右の穴に取り付けます。

ワトコオイルで塗装します。

4Bの鉛筆を取り付けるのですが、7mmの穴では入りません。

紙ヤスリで鉛筆の周りを研磨します。

芯が少し出る位置まで鉛筆を押し込んで完成です。

センターマーカー治具の使い方

①材料を2本の丸棒の間に挟んで、鉛筆の芯が材料の中心に来るように治具をひねります。

②材料に対して平行に治具を移動させます。

③材料の厚さに対して、中心に線を引くことが出来ます。

完成後の感想

今回はセンターマーカー治具を自作しました。

直尺のマーキングゲージでも使えないことはないのですが、こちらの方が操作が手軽です。

鉛筆ではなく、シャープペンシルでも作ってみましたがスミがつきにくく、4Bの鉛筆にしています。

よかったら参考にしてみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

-治具, 自作

Copyright© diymemo , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.