プラモデル 照明 自作

塗装ブース用ライトを自作しました。【USB電源】

以前製作した密閉型の塗装ブース用にライトを追加しました。

今回は塗装ブースと同様にUSB電源で点灯します。

製作しているところを動画にまとめました。

塗装ブース用ライトの主な材料

  • MDF材:6mm(ダイソー製)

超強力マグネット

  • 超強力マグネット:セリア製

  • ヒノキ材:3mm

  • LEDテープライト:5V曲がるタイプ(USB電源)
  • プラバン:1.7mm

  • 電源用USBケーブル オンオフ スイッチ付き

塗装ブース用ライトの製作

1.本体枠の製作

MDF材を丸のこテーブルでカットします。サイズは60mm×240mmです。

磁石を取り付ける穴を加工します。直径13mmです。

エポキシ接着剤で磁石を接着します。

各サイズのヒノキ材をカットします。

カットした全ての材料です。

ヒノキ材をMDF材に接着します。

使うLEDテープの幅が8mm位なので間隔を作って接着していきます。

ライトの本体枠が組み上がりました。右上からリード線を取り出します。

2.LED配線1

今回使うLEDテープです。カットして20cmの長さを3本用意します。

LEDテープにリード線を半田付けします。

半田付け部分を圧縮チューブで保護します。

本体枠にLEDテープをり付けます。リード線はホットボンドで固定します。

3.本体カバーの製作

カバーは透明のプラ板を使います。

プラバンにビス止め用の穴を加工します。本体枠には下穴を加工します。

トラスビスでカバーを取り付けます。

四隅はディスクサンダーで研磨します。

4.LED配線2

リード線の長さを揃えて、並列配線にします。

電源用USBケーブルです。これにリード線を半田付けします。

電源用USBケーブルはこちらの商品を使いました。

リード線は圧縮チューブでまとめます。

これでLEDライトの完成です。

5.ライトの取り付け

ライトを取り付けます。塗装ブースの上板に事前に磁石を付けていました。

これがライト側の磁石に着きます。

取り付けたライトの位置は写真の様になります。

ライトを付けてみました。だいぶ明るくなります。

完成後の感想

LEDテープはDC5ⅤのUSB電源用の物を使いました。

かなり明るく照らしてくれます。

あと白色のものを使っています。塗装に使う時は白色の方が色見が変わらないと思います。

ほとんど手元にある材料で作ったのでかなり安上がりでした。

電源用USBケーブル だけ買いました。なるべく長さがあるもので安価なものを選んでいます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。

-プラモデル, 照明, 自作

Copyright© diymemo , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.